日本から逆輸入された漢字を使う現代中国

スポンサーリンク

現代中国の中には日本で作られた漢字を、中国が逆輸入して使っているものがたくさんあります。共産党や幹部なんかも実は日本で生まれた単語です。中国人も知らない人のほうがおおいんじゃないでしょうか。

これらは日本で生まれた単語で今中国でよく使われているものです。かなりの数がありますが、一部をまとめてみました。ご参考ください。

日本から逆輸入された単語

白夜、百日咳、版画、半径、半旗、飽和、保険、保障、備品、背景、必要、編制、変圧器、標本、標高、博士、不動産、不景気

財閥、参観、参照、茶道、常識、場合、場所、成分、承認、乗客、乗務員、抽象、出版、出版物、出発点、出口、処女作、触媒、伝染病、創作、催眠、催眠術、錯覚

大本営、大局、大気、代表、代言人、単純、単位、単行本、蛋白質、導火線、登記、低調、低能、敵視、抵抗、地下水、地質、動態、動員、独裁、独占、読本

発明、法律、法人、法庭、法則、番号、反対、反感、反射、反響、範疇、方案、方程式、方程、方針、放射、分解、分配、分析、封建、封鎖、否定、否决、服用、副食、副官

改編、改訂、概略、概念、概算、感性、幹部、高潮、高利貸、工業、公立、公民、公判、公僕、共産主義、共和、共鳴、固定、固体、故障、関係、観測、観点、光年、光線、広場、広告、帰納、規範、規則、国際、国立、国税、国体

 

ほんとうに日常的に使う単語がたくさんありますね。中国は一部で日本製品ボイコットと叫んでいますが、この和製漢字のことを知ったとき、どんな反応をするのでしょうか。

関連記事

中国中国社会
スポンサーリンク
monshangをフォローする
モンシャンブログ

コメント