中国人妻

私が農村出身の中国人妻に驚いたこと6つ!

更新日:

2009年に中国人の妻と結婚しましたが、そりゃあ妻には驚かされることが山ほどありました。今日はその中でも、私が特に驚いたことを6つ紹介します。

農村出身のため子供の頃は貧しかったようなので、裕福な中国人とはまた違うかもしれません。ちなみに妻は80年代前半生まれ。

小学校の先生が中学生

これには一番驚かされました。初めて聞いたときは冗談かと思いました。小学生の時、勉強は中学生に教えてもらってたみたいです。高校のときに死ぬほど勉強して、北京の大学に入れたようです。出会った頃は農村出身だとは微塵も感じさせず、北京で育ったんだろうなと思ってました。

歯医者に行ったことがない

生まれてこのかた歯が痛くなったことがないみたいです。私なんて、幼稚園のころから歯医者にいってたような。

基本お風呂は入らない

農村では水は貴重なので、冬は基本的にシャワーなし、夏は水で流す程度。まぁまぁのカルチャーショックでした。今はちゃんと毎日シャワーしています。まぁ、私の両親も毎日風呂には入ってなかったみたいですけどね。

ゴミはその辺に捨てる

はじめて妻の実家に行ったときは仰天しました。ゴミがそれぞれの家の前で山になっています。ごみ収集車でも来るのかと思ったら、そんなものはなく、ただただ捨てられていました。プラスティック、ビン、缶関係なしです。たまったら土をかけるだけ。今でもそうなので、中国は大変ですね。

産まれたのは自宅

家でお母ちゃんの陣痛が始まりそのまま自宅で生まれたそうです。農村には医者もおらず、近所の人たちの協力で産まれましたが、すくすく育ってます。そんな彼女の子は日本で産まれ、出産費用に50万円以上かかりました。

身分証明書の誕生日が間違って登録される

中国の身分証明書を登録する際、親が書いた字を村の担当者が読み間違い、そのまま登録されたようです。気づいたのが数年後だったため、修正しようにも家で生まれたので証明できず。その書き間違えた誕生日のまま現在へ。もはや登録すらされていない人多数でしょうね。

 

これらは嘘みたいですが全部事実です。いや、嘘なのかな?調べることが不可能なので、信じるしかありません。

-中国人妻

Copyright© モンシャンブログ , 2019 All Rights Reserved.