ライフスタイル 大阪の歩き方

2017年 天王寺の春節祭に行ってきたよ!中国の旧正月気分を味わいに

更新日:

中国の春節の雰囲気が味わえるということで、天王寺の春節祭に行ってきました。

大阪の天王寺で開催されるかなり大規模な祭りです。

神戸の中華街では毎年行われているようですが、大阪では今年が初めての開催のようで、中国人妻の友達から昨日聞きつけたばかり。

ネットで調べてみるといろんなメディアに取り上げられていたので、気になり急遽天王寺まで足を運びました。

天王寺の駅前なので電車で行くのがとっても便利。

中国の春節の雰囲気が味わえる

駅の改札を出て天王寺動物園方面に歩いて行くと5分くらいで着きます。天王寺の芝生広場「てんしば」が会場です。

入り口に近づくとパンフレットを配っていました。協賛団体もかなり多く、物販やステージの演目も気合が入っています。雑技団や合奏、独唱、獅子舞、チャイナドレスチョーなど。全部は見れそうにありませんが。

これが入り口。中国でもよくみた風船のアーチ。おぉ、懐かしい。

こちらが会場の風景。かなり広い敷地ですね。ハルカスも見えます。

11頃到着しましたが、すでにかなりの人がいましたね。中に入ってみるとさっそくなにやら行列が。

豚まんのようでした。すっごく興味がありましたが、とりあえず他のも見てからじゃないとね。

牡蠣やら唐揚げなど中国らしからぬものも売っていました。

イチゴ大福には娘も息子も興味深々。

再び行列。こちらは水餃子。豚まんと水餃子が人気みたい。

で、結局私たちが選んだのがこちらの小龍包。500円だったかな。熱々でとってもおいしかった。

そして、「手抓饼(ショウジュアビン)」手でちぎって食べるパン?ナン?みたいな食べ物。北京にいた時、露天やレストランでよく見ました。塩味と思ったらちょっと甘めでおやつみたい。1歳の息子がぱくぱく食べてました。

会場は広かったのですが、物販ブースの通路が狭くてギューギュー。あまりゆっくり選べず中国人嫁と子供を一人ずつ連れて二手に分かれて買いに行きました。

なんとか中国っぽい食品をゲットし腹ごしらえをした後は、ステージをちらっと見学。なんと司会も中国語。ちょうど中国楽器を演奏していて、一気に中国の旧正月の雰囲気が増しました。もちろん、中国人もたくさんいました。

そしてそのまま、ステージ裏の動物園へ行って、たこ焼き食べて帰りました。結構な賑わいでしたが来年も開催されるんでしょうかねぇ。動物園すぐ隣にあるし、子連れで遊びに行くには良いところでした。

30日間で、あなたの中国語をペラペラにします【SpeakMandari】

【春節祭り in 大阪天王寺】

2017年1月27日(金)~1月29日(日)

10時~20時

入場無料

主催:株式会社日中文化事業団

スポンサードリンク




-ライフスタイル, 大阪の歩き方

Copyright© モンシャンブログ , 2018 All Rights Reserved.