ビザ・在留資格

日中二重国籍者である子供たちの里帰り計画 パスポート申請&ビザ調査

更新日:

今年の春か夏、母親(中国人)が子ども二人つれて1ヶ月ほど中国に里帰りを予定しています。

生後6ヶ月の息子にとっては初めての中国。パスポート取得から始めないといけません。先日さっそく、市のパスポートセンターに申請に行ってきました。

保険証、戸籍謄本を持ってセンターへ行き申請書を記入。あと、写真がいるのですが、そこで問題発生。

証明写真撮る機械で赤ちゃんの写真をとれるわけない!

なんとなく写真を撮る機械があるだろうと軽く考えてたのが失敗。うまくとれるわけない。そりゃそうだ、6ヶ月の息子がカメラ目線できるわけなく、横向いたり、動いたり。親の腕とかも写りこんじゃったりして。アホみたいだ。

まあ、撮ろうとした段階で予感はあったんですが、お金入れたら当然キャンセルできず、泣く泣く800円を無駄にしました。

結局パスポートセンターの人に聞いて、近くの写真館でとりました。そういえば、長女のときは家で自分のデジカメで撮ったものを現像したなぁと今更思い出してます。

そんなこんなで、パスポートは10日ほどでできるようで、また受け取りに行きます。

そして、ふと思う。ビザとかいるのではないか?

中国領事館に電話で聞く

3歳の娘は中国生まれ、日本国籍は留保である。パスポートも日本と中国の両方を持っている。たぶん、日本出国時に日本パスポートで、中国入国時は中国パスポートでよいだろう。ビザも必要ないはずだ。

問題は息子。日本で生まれ、日本のパスポートを申請したばかり。当然中国のパスポートは持っていない。しかしネットで調べたところ、親が中国人の子どもはどこで生まれても中国国籍を持つみたいだ。

そのため、ビザは取れないとか書いている。いや、取れるとも書いているのもあった。

まぁよくわからないので、直接中国領事館に電話で聞いてみることに。大阪領事館に電話したが、いっこうに繋がらない。ひどい。

朝の9時から12時までだが常に通話中だ。1日3度、3日くらい掛け続けたがつながらず、結局東京の大使館に電話したらすぐ繋がった。なんなんだこの差は。

旅行証というのは初耳

電話に出たのは中国人の女性、日本語も当然できるようだ。とにかく息子はビザがいるのか聞いてみた。

息子は日本生まれで、日本のパスポートだけ持っていると言ったら、母親の在留資格を聞かれた。日本人配偶者の在留資格で永住権はまだないと言ったら、旅行証でいけますねといわれる。

そんなの初耳。ウェブサイトにあるので自分で調べてねといわれたので、探してみるとあった。必要な書類もちゃんと書いてる。未成年の旅券なんて項目があったのね。見落とした。

日本語:未成年(16歳未満)の旅券/旅行証申請

中国語:中日混血儿童申请旅行证

さぞ簡単だろうなと思っていたが、意外と必要資料が多いのね。やだ。めんどくさい。これ何回目。もう数十回は経験してるぞ。マイナンバーでどうにかならんのかいっ。

てか、大阪領事館にも確認しよ。東京と大阪で意見が違うなんて言われたら堪らんからね。

ゼロからカンタン中国語

-ビザ・在留資格

Copyright© モンシャンブログ , 2019 All Rights Reserved.